日記

郵便局にて

今日は郵便局に書き損じはがきを持って行きました。年賀状の残りです。12枚ほどあり、切手に交換してもらおうと思いました。すると今は消費税が上がっているので切手も52円と82円になり計算がややこしくなっていました。郵便局員さんは慣れているのかすごいスピードで電卓をたたいていました。そして、端数の金額は2円切手が便利ですよと教えてくれたので、おまかせで変えてもらいました。私が歳なのか細かい計算がなかなか頭に入ってこなくて、確認でいろいろと計算したものを見せてもらいましたが、結局それでいいですとお願いしました。増税もこういう端数のものがでてくるととっても面倒ですね。親切な郵便局さんでよかったなぁと思いました。そして子供にアメまでもらってラッキーでした。

 

未成年者の飲酒禁止はいつだろうか、と疑問を持ちました。

今日の朝ドラの花子とアンをみて、吉高由里子さんが演じる安東はなが最後にワインで酔っぱらってしまう所で終わるのですが、明治末期では未成年者の飲酒は未だ禁止されていなかったみたいです。
そこで、未成年者がお酒を飲む事を禁止したのはいつだろうか、と疑問を持ちました。私としては、未成年者のお酒禁止は大正時代直後、いや昭和時代以降かもしれない、と予想してみました。未成年者のお酒禁止の事でインターネットで調べてみたら、大正11年3月30日に未成年者のお酒禁止の法律が成立しました。という事は、大正時代直後や昭和時代以降という予想は、見事に外れたという訳です。これで疑問に思っていた事が一つ解決できたので、又新しい知識を得ることが出来ました。未成年者がお酒を飲む事を法律で禁じるのは、未成年者の身体の事を考慮すると当然の事だと私は思っています。ドラマをみていて思ったのですが、昔の町並を再現してとても魅力を感じますが、中途は半端な年数です古いだけで魅力を感じません!
それは私が住んでるお家です、特に気になるのがトイレ!昔のしゃがむタイプなのでトイレ独特の匂いと冬は外の温度とかわないくらい寒いのです。
だんだん歳をとると、利用しにくいトイレだなと思っていたのです、そこで主人と母に相談してトイレのリフォームをすることに決まったのです。
御世話になったのがこちら詳しくはココ⇒トイレリフォーム福岡

おまけというのは

お菓子におまけがついていると、とてもうれしくて、小さい頃は、キャラメルが食べたいわけでもラムネ菓子やガムに興味があったわけでもないのに、そのおまけほしさにお菓子を親に買ってもらったものです。
子供でも負けず嫌いで、横で選んでいる子がいると、私も見えないおまけなら、降ってみたり、触ってみたり、よその子よりも良い物をゲットしたいと思ったり、友人が良いと思えるものを持っていると私も欲しい、それどこで買ったのかと聞いたものです。ガチャガチャの中には、昔は本当に笑えるものがあったものです。今は、キャラクター物ですね。久しぶりにどのようなのがあるのか見て思ったのです。人が持っている物が欲しい時、持っていない物が欲しい時、今でも子供の事を言えない自分が居ます。
子供のころ夏休みとかに祖母のところに止まりにいったりとしたものです、昔ながらの家屋なので段差や急な階段が遊びばになり楽しかったのを覚えています、ですが祖母も80歳になると暮らしにくいみたいで、一週間に一回介護などの方に来てもらってるみたいです、そこで手すりや段差を緩やかなスロープにすればもう少し楽に生活ができるよと、言われたみたいでその話を母に聞き私がネットで調べてみるとこちらを見つけたのです、とても参考になったのでリフォームやバリアーフリーでお悩みのかたはこちらをご覧ください⇒バリアフリーリフォーム 岡山